ヤング・リヴィングについて

ヤング・リヴィングは創設者であるゲリー・ヤングさんが1993年にアメリカで設立したエッセンシャルオイルの会社です。現在はエッセンシャルオイルの業界、健康維持を追求する企業としても成長し、世界各国に400万人以上の会員がいます。100%ピュア」であることにこだわると同時に独自に厳しい品質基準を設け自然界の素晴らしい恩恵そのままに安全性の高いエッセンシャルオイルを私たちに届けてくれています。

創設者ゲリー・ヤングさんは高品質な植物を栽培できる理想的な条件を有する農場を求めて世界中を飛び回っています。ゲリー・ヤングさんの植物やエッセンシャルオイルの知識はおそらく世界一といっても過言ではないでしょう。何十年もかけて習得したその知識と直感から組み合わせたブレンドオイルの絶妙さ、素晴らしさは一度香りをお試しいただければ分かって頂けることと思います。

徹底的に「無農薬」にこだわる。

一般的に「オーガニック」とは農薬や化学肥料などを使用していない農作物のことで,過去3年間に合成化学物質を含め禁止物質を使用していない土地で生産されていることが条件となっていますが、ヤングリヴィングのエッセンシャルオイルは地球史上農薬を一度も使ったことのない土地に天然水で育てた植物を、天然水で蒸留するという独自のプロセスで生産しています。また使用する植物の種子も、遺伝子組み換えなどが行われていない生命力に満ちたものを厳選しています。

一度汚染された農地は、その後しばらく農薬を使わない場合でも化学成分は残り続けるため、高品質なエッセンシャルオイル用の植物の栽培には適さないと考えているからです。

「飲めるアロマ」。

一般的なエッセンシャルオイルは純度が低く、雑貨として芳香を楽しむためだけに販売されていますが、ヤングリヴィングのエッセンシャルオイルは、ほとんどが化粧品として塗布することが前提となっています。また、一部のエッセンシャルオイルは食品として(食品に香りを添加して飲用する食品添加物)お楽しみいただくことが出来ます。とことんこだわって作ったエッセンシャルオイルだからこそ「飲める」品質になったのです。

 

「SEED TO SEAL」(種まきから製品まで)で妥協しない。

ヤング・リヴィングは「種の選定」から「製品化」に至るまでの全工程において少しの妥協も許さず、安全性と信頼のおけるピュアなエッセンシャルオイルを提供してくれています。「SEED TO SEAL」のプロセスを動画でご紹介していますのでぜひご覧ください。

SEED TO SEAL ~種の選定~

SEED TO SEAL ~栽培~

SEED TO SEAL ~蒸留~

SEED TO SEAL ~品質管理~

SEED TO SEAL ~製品化

 

8つの自社農場。

ヤング・リヴィングは世界中の4つの大陸に自社農場を保有し、それ以外にも世界各地で提携農場や共同組合農場を運営しています。

全ての農場において【SEED TO SEAL】(種まきから製品まで)のプロセスが厳格に管理され農場の生きた植物そのままの状態で私たちに届けられます。

以下に主な農場をご紹介します。


アメリカ合衆国 ユタ州 ウィスパリングスプリング農場

こちらの農場では1995年以来、ラベンダー、ヒソップ、クラリセージ、ペパーミント、ゴールデンロッドなどを栽培しており、現在はヒトツブコムギの栽培もしています。こちらの農場では毎年「ラベンダー・ハーベスト」が開催されエッセンシャルオイル・セミナー、蒸留所ツアー、その他が一般の方にも開放されています。


アメリカ合衆国 アイダホ州 ネイプルズ ハイランドフラット農場

こちらの農場では様々な恩恵で有名なバルサムファーや松(パイン)、ウェスタンレッドシダー、アイダホブルースプルースなど種々の樹木を広大な森林で育てています。「ウィンター・ハーベスト」や「スプリング・リプランティング」の2つのイベントが開催され、ヤング・リヴィングの会員たち向けに【SEED TO SEAL】(種まきから製品まで)のプロセスが体験できる場所として公開しています。


アメリカ合衆国 アイダホ州 セントマリーズ農場

ゲリー・ヤングさんが最初に取得した農場であり、ヤング・リヴィングが始まった場所です。ラベンダー、メリッサ、タンジーなどの植物を育てています。夏のラベンダーの収穫と冬のバルサムファーの収穫イベントの際にはヤング・リヴィングの会員に開放されます。一般の肩の蒸溜所ツアーも行なっています。


オマーン サラーラ農場

2010年以来、ヤング・リヴィングはこちらのオマーンの農場と提携し、セイクレッドフランキンセンス(ボスウェリア サクラ種)樹脂の供給を確保しています。ヤング・リヴィングはアラブ国外に輸出する許可を得ている世界で最初かつ唯一の会社です。


フランス スィミアン ラ ロトン農場

フランスのプロヴァンス地方にあるヤング・リヴィングの3番目の農場で、なだらかな丘に香り豊かなラベンダーが広がっています。景色がとても美しく、ラベンダー、ラバンジン、ローズマリー、クラリセージ、ヒトツブコムギを栽培しています。


エクアドル グアヤキル農場

グアヤキルの熱帯気候は異国情緒の植物を育てます。ユーカリブリー、イランイラン、カカオ、ドラドアズール、オコテアなど希少価値の高い植物の栽培に格好の環境を提供しています。この農場にある最先端蒸留施設は南アメリカで最大の規模を誇ります。